赤ちゃんには浄水器かウォーターサーバーか?

浄水器は、水道にセットして水道水をろ過することでミネラルウォーターを作り出せるものです。
浄水器は販売されているものとレンタルのものがあります。
販売されているものは数千円から数万円と価格にばらつきがあります。
水道水には消毒の際に塩素が使われています。浄水器を選ぶ際はこの塩素を除去できることが前提となります。
価格の差は浄水能力やカートリッジの寿命による違いです。
水の量を気にすることなくたくさん使えるのが浄水器の魅力です。
しかし水道の蛇口と一体を成しているタイプの浄水器はフイルターを水道水が通過する事により浄水する仕組みなため付属品の取替えを含む定期的なメンテナンスが必要となります。
メンテナンスを怠り付属品がその役割に耐えられなくなった場合には様々な状況が想定されますので、きめ細かな配慮が求められます。
レンタルですと、フィルターも定期的に交換が可能で月に1000円程度から利用が可能で手軽です。
フィルターの浄水能力により、水道水に含まれる塩素やトリハロメタンなどの残留の心配は残ります。
一方で、ウォーターサーバーの水は純粋なミネラルウォーターを無菌状態の工場でボトルに詰めて自宅まで運んでくれます。
自然豊かな天然水やRO膜でろ過した不純物をほとんど含まないピュアウォーターを安心して利用することができます。
価格はサーバーのレンタル代と水のボトル3本程度を利用した場合、月5,000円前後が平均的な価格ではないでしょうか。
浄水器と異なるところは温水が出ることです。80度程度の温水はミルクを溶かすのに最適です。
沸かさずにそのまま調乳や離乳食作りに使えるところが最大の魅力です。
したがって、赤ちゃんのいる家庭にはウォーターサーバーがおすすめです。

また、ウォーターサーバーの水は会社によって採取場所や殺菌方法などが様々ですが、当サイトでおすすめしているウォーターサーバーの会社はいずれもミネラルの濃度が低い軟水で放射能検査を実施もクリアしている赤ちゃんが安心して飲める水なのでおすすめです。

 

【CHECK!】現在イチオシのウォーターサーバー

ウォーターサーバー赤ちゃん


赤ちゃんウォーターサーバー

関連ページ

ウォーターサーバーって赤ちゃんに必要?
ウォーターサーバーは赤ちゃんに必要なのでしょうか?その理由を詳しく解説します。
赤ちゃんにおすすめの理由
ウォーターサーバーを赤ちゃんにおすすめする理由を詳しく解説します。
赤ちゃんに安全なお水を与えましょう
ウォーターサーバーなら、赤ちゃんに安全な水を与えることができます。ウォーターサーバーのお水が安全である秘密に迫ります。
ウォーターサーバーの水を赤ちゃんにそのまま与えて良い?
ウォーターサーバーの水を赤ちゃんにそのまま与えて良いの?そんな疑問にお答えします。
赤ちゃんのミルクに水道水を使うデメリット
赤ちゃんのミルクに水道水を使うデメリットとは何でしょうか。
ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルク作り
ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルク作りをするとおいしいミルクが作れます。ウォーターサーバーなら温水と冷水が出るため手早く簡単に作ることができます。
完全母乳でもウォーターサーバーが必要な理由
完全母乳でもウォーターサーバーは必要です。ウォーターサーバーは赤ちゃんの水分補給に最適です。