ミルク育児は水選びが大切です

ミルク育児,水

ミルクによる育児においては、水選びが非常に重要です。

普段は意識していなくても、生まれたての赤ちゃんに飲ませるものなので少し慎重になる必要があります。
ミルク育児では、毎度毎度の授乳において、消毒成分の強い水道水はできるだけ避けたいものです。
したがって、水選びはミルク育児の大切な問題です。
煮沸をすれば塩素やカルキを飛ばすことも出来ますが、赤ちゃんは大人の都合には合わせてくれないものですので、そうした一つ一つの負担が子育てをより大変なものにしてしまうことも多々あります。
そうしたことを避けるためにも、ウォーターサーバーを置く、というのも一つの方法です。
ただ、ウォーターサーバーにも様々な種類があって、本当に良い水選びをするためには、やはり実績と信頼のある会社から選ぶことが大切になるのではないでしょうか。
一口に水と言っても、軟水や硬水、含まれているミネラル分、また肝心のサーバーがいかに手間を少なく清潔に保たれているかということを考えなければなりません。ミネラルは身体に良いものですが、赤ちゃんの未発達な内蔵には負担になるものです。
ミネラルの過剰な摂取は赤ちゃんのお腹の調子を悪くする原因となります。
ミネラルの過剰に摂取すると、赤ちゃんのお腹の調子が悪くなったり、腎臓に負担がかかったりしますので、ミネラル成分の多いミネラルウォーターで粉ミルクを作るのは止めましょう。
ミルクに適した水は、ピュアウォーターです。
ピュアウォーターとは、水に含まれるミネラルやその他不純物を取り除いた水で、一般的に「純水」と呼ばれています。
この純水を扱うウォーターサーバーを選べば間違いはありません。
また、小さな赤ちゃんを抱っこして、重たいお水をケース買いなどということは、ママの負担は大きくなります。
ウォーターサーバーを置いて、いつでも気軽に体に良い天然成分を適度に採れるお水を利用することでそうした負担は随分と軽減されるのではないでしょうか。

【CHECK!】現在イチオシのウォーターサーバー

ウォーターサーバー赤ちゃん


赤ちゃんウォーターサーバー

関連ページ

赤ちゃんのミルクの作り方
赤ちゃんのミルクの作り方について画像付きで詳しく解説。必要な用具は?煮沸は?簡単に作れるコツをお伝えします。
新生児のミルク作りを楽にする方法
回数の多い新生児のミルク作りを楽にする方法をご紹介します。
母乳がでないと悩むママ達の対策
母乳がでないと悩むママ達は意外に多いです。母乳不足の対策についてご紹介します。