赤ちゃんのミルクの作り方

赤ちゃん,ミルク,作り方

赤ちゃんが生まれて、母乳ではなくミルクで育てることになった場合、ミルクの作り方をしっかりとマスターしておく必要があります。

毎日のことなので、出来るだけ手軽に素早くつくることが出来るよう工夫をすると苦になりません。
まず、用具をそろえ、すべて消毒をしておきます。煮沸消毒もいいですが、手間がかかるので、頻繁にミルクをあげる場合、市販の希釈液に浸しておくだけで消毒できるものを利用する方が多いようです。ミルクを計量して、消毒済みの哺乳瓶に入れます。ミルクをとかすために、一度煮立ててから70度ぐらいにまで冷ましたお湯を注ぎます。電気ポットなどで、沸騰したお湯を70度に戻して保温してくれる設定のものが販売されていますので、そのようなものを購入しておくと便利です。ウォーターサーバーなどを利用することも出来ます。
哺乳瓶を軽くふってミルクをとかしたら、哺乳瓶ごと冷ましていきます。体温程度になるまで、しっかりと冷ましてあげないと、赤ちゃんがやけどをしてしまいますので注意するようにしましょう。冷ます時は、哺乳瓶を冷水の中につけるのも良いですが、もっとも早いのは、ボールなどに水をはって哺乳瓶を入れて水道水を流しつづける方法です。必ず哺乳瓶に水があたるようにします。温度の確かめ方は、腕の内側に哺乳瓶をあててみて、少し熱いかなと感じる程度です。そのような状態になってから飲ませてあげるようにしましょう。
詳しい手順は下記の通りです。

ミルクのつくり方その1「準備」

赤ちゃん,ミルク,作り方

ミルク作りに必要な用具を揃えます。
哺乳瓶は夜中の授乳に備えて複数あると便利です。また、1回分の粉ミルクをあらかじめ計量しておけるケースもあると便利です。
月齢が小さいうちは煮沸や薬品での消毒が必要です。
消毒済みの用具を補完するケースがあると大変便利です。
ウォーターサーバーがある場合は必要ありませんが、ない場合に沸かしたお湯を保温しておく魔法瓶があると良いですね。

 

ミルクのつくり方その2「調乳」

赤ちゃん,ミルク,作り方

赤ちゃん,ミルク,作り方

哺乳瓶に1回分の粉ミルクを軽量して入れます。
70から80度の少量のお湯で粉ミルクを溶かします。
溶けたら冷水で定量になるまで入れます。
ウォーターサーバーで作った場合、これで出来上がりです。

 

ミルクのつくり方その3「冷ます」

お湯だけで作った場合は冷ます必要があります。
赤ちゃんがやけどをしないように哺乳瓶を冷水に浸けたり、流水で人肌くらいまで冷ましましょう。
この時、哺乳瓶の乳首のところに水がかからないよう注意しましょう。

 

ウォーターサーバーでミルクを作るととても簡単です。
赤ちゃんのミルク作りが始まるなら、この機会にウォーターサーバーの導入を考えてみることをおすすめします。

【CHECK!】現在イチオシのウォーターサーバー

ウォーターサーバー赤ちゃん


赤ちゃんウォーターサーバー

関連ページ

ミルク育児は水選びが大切
ミルク育児は水選びが大切と言われています。どんな水を選べば良いのか解説します。
新生児のミルク作りを楽にする方法
回数の多い新生児のミルク作りを楽にする方法をご紹介します。
母乳がでないと悩むママ達の対策
母乳がでないと悩むママ達は意外に多いです。母乳不足の対策についてご紹介します。