新生児のミルク作りを楽にする方法

新生児,ミルク,楽,テクニック

生まれて間もない1ヶ月間を新生児期といい、新生児はまだ目も見えないような状態です。

母体も産褥期であり、あまり無理をしてはいけない時期で、慣れない子育てにストレスを感じることでしょう。
しかし生まれて間もない新生児との生活はとても大変です。
オムツを交換する間隔も短く、お腹が空けば泣くといった繰り返しになります。
生まれたての新生児には昼と夜の区別はつきません。
夜中でも頻繁にオムツ交換とおっぱいをあげなければならないので、本当に大変です。
母乳がたくさん出ればいいのですがあまり出ない場合には粉ミルクを与えなければなりません。粉ミルクで対応する場合では、さらに作る手間もかかります。
ミルク作りは、赤ちゃんが泣き始めたらすぐに済ませて飲ませたいものです。
そんな時に便利なミルク作りの方法としては、まずポットにお湯を用意しておくようにします。
最近では一度沸かしたお湯を一定の温度に保温しておくことができようになっている便利なグッズもあります。
赤ちゃんが飲むミルクは、人肌の温度、40度くらいです。その温度に保てる魔法瓶やタンブラーがあると便利です。
あるいは、お湯と冷水がすぐに出てミルクを冷ます手間が省けるウォーターサーバはとても重宝します。
また、夜中に何度も哺乳瓶を洗うのは大変です。哺乳瓶は数本あると便利です。
1回分の粉ミルクを哺乳瓶や粉ミルクケースに事前に用意しておくとさらに時短となります。
就寝前に一通りそろえることで、かなり夜中のミルク作りが楽になることでしょう。
新生児が昼と夜の区別がつくようになるまでは1ヶ月から3ヶ月くらいかかると言われています。早く区別がつくように、なるべく規則正しい生活を心がけることが大切です。

【CHECK!】現在イチオシのウォーターサーバー

ウォーターサーバー赤ちゃん


赤ちゃんウォーターサーバー

関連ページ

赤ちゃんのミルクの作り方
赤ちゃんのミルクの作り方について画像付きで詳しく解説。必要な用具は?煮沸は?簡単に作れるコツをお伝えします。
ミルク育児は水選びが大切
ミルク育児は水選びが大切と言われています。どんな水を選べば良いのか解説します。
母乳がでないと悩むママ達の対策
母乳がでないと悩むママ達は意外に多いです。母乳不足の対策についてご紹介します。