ウォーターサーバーを電気代で比較

ウォーターサーバー,電気代,比較

ウォーターサーバーを比較するときに気になさる方が多いのがサーバーにかかる電気代です。

ウォーターサーバーの使用によってどれぐらいの電気代がかかるのか不安に感じる方もも少なくありません。
ご存知の通り、ウォーターサーバーは電気によって動いています。
温水も冷水も同時に作るとなるとそれなりに電力がかかると感じるものですね。
電気代はサーバーによって違いがあります。電気代が月に300円台のものがあれば、1000円台のサーバーもあります。
しかし最近では省エネモード、節電モードのサーバーが発売されており、電気代が恐ろしくかかるサーバーはほとんどありません。
ボトルを月4〜5本といった平均的な使用でだいたい800円前後と見ておけばそれほど大きなズレはありません。
一般的な電気ポットの1ヶ月の電気代はおよそ900円であることを考慮しても高い印象ではないですね。
ウォーターサーバーによっては電気代が安くても、初期の設置費用や月々のレンタル代が割高の場合があるため、電気代だけを重視して選ぶのではなく、あくまで参考程度に留めて置くほうが良いかもしれません。

 

電気代が特にリーズナブルなトップ3の会社をご紹介します。

  会社名 電気代/月 サーバー名 レンタル代/月 詳細
コスモウォーター 403円 らく楽スタイルsmart 無料 詳細
フレシャス 700円 サイフォンモデルとサイフォンスリムモデル 無料 詳細
アクアクララ 350円〜 アクアアドバンス 1500円 詳細

サーバーのレンタル代が無料で電気代も安いのがコスウォーターとフレシャスです。
アクアクララは電気代がとても安いのですが、サーバーのレンタル代が毎月1500円掛かります。

 

次にそれぞれの会社の電気代について詳しく解説していきます。

コスモウォーターの電気代

コスモウォーターは、省エネ設計、エコモード機能搭載で従来の同社製品の50%オフの電気代を実現しています。
お休み前やお出かけ前にエコボタンを押すだけでエコモード運転に切り替わり、無駄な消費電力を抑えてくれます。
コスモウォーターの代表的ならく楽スタイルウォーターサーバーsmartなら、1日2回エコボタンを押すことで電気代を月々406円程度に抑えることが可能です。電気代がお得なのに加え、初期費用が掛からず、サーバーのレンタル代が無料、4つの天然水から好みの水を選ぶことが可能なため予算に合わせてコストを下げることが可能です。

 

コスモウォーターの詳細はこちらから

フレシャスの電気代

フレシャスは、日本を代表する富士山から採取した水であり、バナジウムや亜鉛などのミネラルが豊富に含まれ、日本人に最も飲みやすい軟水です。衛生的なウォーターサーバーと重いガロンボトルでなく軽量パックなので、女性にも高齢者にも使い勝手が良くエコなのも人気の秘訣です。サーバーは種類もカラーも豊富なラインナップがあり、お部屋に合わせておしゃれなインテリアとして置けるのも人気の要因です。
数あるフレシャスのウォーターサーバーの種類の中でもエコなサーバーのラインナップもあり、月々の電気代は700円程度と通常のウォーターサーバーよりも最大で30%程度の電気代カットが実現しました。
サイフォンタイプでは、業界初の光センサー搭載でお部屋の明るさによって自動節電ができ、温水を使用しない時の電力を大幅にカットすることができます。また、サイフォンスリムタイプではエコモードボタンが搭載されており、ウォーターサーバーでは温水を使用するための電力が問題にもなっていますが、安心して利用することができます。
また、一人暮らしの人に十分なキャリオは、4.5Lの軽量パック用のサーバーで冷水と常温水のみに対応しているので、温水を使用しない分電気代は70%カットに成功しました。
維持費もリーズナブルでファッショナブルなフレシャスのサーバーを利用してみてはいかがでしょうか。

 

フレシャスの詳細はこちらから

アクアクララの電気代

アクアクララは、全国展開していて知名度が高いウォーターサーバー会社です。電話1本ですばやくお水を届けてくれる手軽さと簡単さで人気があります。アクアクララのお水は4種類のミネラルをバランスよく配合していて、美味しいお水がいつでも冷たい状態で飲むことができます。冷たいお水の他に熱いお湯が瞬時に出てくるのでお湯を沸かす手間が省けて便利です。ウォーターサーバーを設置するにあたって気になってくるのが月々の電気代です。アクアクララは使用状況や商品によって電気代が変わってきます。デザイン性が高く、省エネ効率の向上を図った第3世代のウォーターサーバーであるアクアトラストは、月々平均550円程度です。縦長でスタイリッシュなデザインでカラーバリエーションが豊富な次世代ウォーターサーバーであるアクアアドバンスシリーズは、月々平均350円程度です。スリムなデザインでキッチンやリビングなどの小スペースを利用して設置できるアクアスリムと、卓上で使用できるアクアクレールは、月々平均1,000円程度です。使用する際にかかる電気代に多少の差はありますが、アクアクララは商品のラインナップが豊富なので、使用する場所や用途、好きなデザインによって自分に合ったウォーターサーバーを選ぶことができます。

 

アクアクララの詳細はこちら

クリクラの電気代

クリクラは、ウォーターサーバーのレンタル料も宅配料も無料で利用が可能です。
また、入会金も解約金も最低利用期間は一切ありません。クリクラ省エネサーバーは、消費電力を最大50%削減されています。そのため、地球にも優しいですし、電気代も安くなっているためお財布にも優しいサーバーです。特に、今後も長く使っていただく予定のある方には、とてもおすすめとなっています。クリクラ省エネサーバーは長く使えば使うほどお得になっています。それは、断熱技術の向上によって、保冷性も保湿性も昔と比べて格段に良くなっています。そのため、従来のサーバーよりもだいぶ少ない消費電力でご利用をしていただくことができるのです。ホームページを見ていただくととてもわかりやすいですが、従来のサーバーと省エネサーバーの電気代を比較してみると、11ヶ月継続して使用をした場合、省エネサーバーの方が累計コストは通常のサーバーよりもお得になっているのがわかります。省エネサーバーは、初回金の5000円が必要となりますが、継続して使われる場合は、断然お得になりますしお財布にも優しい電気代で使用していただけるのです。とてもおすすめです。

 

クリクラの詳細はこちら

うるのんの電気代

うるのんの消費電力に関するリサーチによると、月々の電気代は約1000円ほどになっています。もし仮に電気ポットを使用したとしても同程度の電気代になりますので、そのことと比較しても、冷水と温水も作ることができるうるのんの方が経済的であるといえます。
さらに、料理をする場合にお湯を使う時にはサーバーからお湯をとって使えばそれだけガス代も安くなりますので、お得と言えます。しかも、おいしい水で料理を作ることができますので、それだけ、味わい豊かな料理もいただくことができるというメリットもあります。
また、もし、ミネラルウォーターを利用する場合と比較したとしてもお得であると言えます。なぜなら、ミネラルウォーターを冷蔵庫に多数保存するとなると、そのことで冷蔵庫の消費する電力は大きなものとなり、冷蔵庫の電気料金も高くなってしまうので、うるのんを活用する方が良いことになります。長時間利用しない時にはエコモードでの運転も可能です。

 

うるのんの詳細はこちら

クリティアの電気代

ミネラル分が豊富なウォーターサーバーのクリティアですが、1ヶ月に電気代はどのくらいかかるのでしょうか。
クリティアには、冷水と温水の2つの蛇口があります。どちらも1日に400ccずつ計800cc使うとして、800cc×30日=24?(24,000cc)で計算します。電気代は、電気会社との契約や地域によって違いがありますが、22 円/kWhとすると、1ヶ月に800〜1,000円かかります。ところでミネラルウォーターを24?分買うと、安いものでも2?ペットボトル=100円前後しますので、月に1,200円前後かかってしまいます。クリティアの方がお得ですね。
ECOなクリティアの機種である「スリムサーバーU」なら、電気代はもっとお安くなります。上記と同じ使用条件で計算すると、通常モードで約630円、ECOモードで約504円と、通常機種の半分〜2/3の料金です。
でも、水道料金を加えるとどうなのでしょうか。これも地域によって違いますが平均では1?=0.24円ですので、24?=5.76円になります。電気+水道料金でミネラルウォーターと比較しても、クリティアの方が安いのが魅力です。
温水付きのウォーターサーバーなので、ガス火や電気ポットでのお水の湯沸しも不要で、その分の料金を節約できるのもポイントです。

 

クリティアの詳細はこちら

アルピナウォーターの電気代

アルピナウォーターのサーバーの場合は、電気代を抑えることができる機能が有ります。
このサーバーを通常の方法で稼動し続けた場合の電気料金は、1ヶ月に1,200円台目安になります。ちなみに1日当たりの料金に換算すると、40円近くになります。
ところがアルピナウォーターには、緑色のボタンが設置されていて、そのボタンを押すと電気料金を抑えてサーバーを利用する事ができるのです。
目安としては、1ヶ月600円近くになります。1日につき20円の電気料金になります。つまり通常モードの使用に比べると、電気料金を半分に抑えることができる機能があるのです。
ただしその緑のボタンを押しますと、お湯の温度が多少低めになります。ウォーターサーバーには水だけでなくお湯を出す機能もあるのですが、電気代を節約できる代わりにお湯の温度が多少低めになる訳です。逆に熱いお湯を利用したい場合は、もう一度緑のボタンを押せば大丈夫です。
なお上記の月1,200円台というのは、ウォーターサーバーの電気料金としては標準的です。しかし600円となると、他のサーバーに比べると格安と言えます。

 

アルピナウォーターの詳細はこちら

【CHECK!】現在イチオシのウォーターサーバー

ウォーターサーバー赤ちゃん


赤ちゃんウォーターサーバー

関連ページ

宅配水の比較のポイント
宅配水の比較のポイントを解説。宅配水のウォーターサーバー選びは水で比較、価格で比較、サーバーのデザイン、電気代で比較してじっくり選ぶ時代です。
価格で比較
ウォーターサーバーを価格で比較しました。初期費用、水の価格、サーバーのレンタル代などあらゆる費用を計算するとトータルの料金はいくらになるのか会社ごとでトータルに掛かる価格を比較してみました。
水で比較
天然水を取り扱うウォーターサーバーのご紹介と天然水の特徴を比較。天然水のウォーターサーバーと言っても硬度や処理方法など水の特徴は様々です。比較して一覧にまとめました。