天然水のウォーターサーバーの紹介と比較

天然水を扱うウォーターサーバーをご紹介します。
水の特徴や硬度、処理方法をまとめました。
硬度の低い順にご紹介しています。

会社名 水の特徴 硬度 処理方法  
フレシャス 富士山のバナジウムを含んだ天然水 21mg/l ろ過処理 詳細
クリティア 富士山麓の地下からくみ上げた無添加の天然水 25mg/l ろ過処理 詳細
プレミアムウォーター 富士山の地下200mで取水した非加熱天然水100% 25mg/ 非加熱、フィルター除菌 詳細
コスモウォーター 静岡、京都、大分、島根が原産の4つの選べる天然水 30〜83mg/l 島根原産以外は加熱処理 詳細
うるのん バナジウムを含む富士の天然水 72mg/l ろ過後、加熱処理 詳細
スマイルベビー水 島根県金城(かなぎ)町のアルカリ天然水 40mg/l 非加熱、ろ過処理 詳細
島根のおいしい天然水 富士山麓の地下からくみ上げた無添加の天然水 40〜50mg/l 非加熱処理 詳細

硬度100mg/l以下は軟水に分類されます。

 

天然水ウォーターサーバーランキング

ウォーターサーバーランキング

天然水の定義、処理方法などを解説します

天然水と一言で言っても取水された場所や含まれる成分、さらには不純物を取り除いたり殺菌する処理方法で大きく異なります。
このページでは天然水を扱うウォーターサーバーの会社の水の特徴をまとめました。
比較をしてみると取水された場所や処理方法が違うことに気づきます。
まず、水は硬度で大きく大別されます。水に含まれるカルシウムやマグネシウムの量で分類されます。
硬度100mg/L以下は軟水、300mg/L以上は硬水、100〜300mg/Lを中硬水と呼ばれます。
当サイトでご紹介しているウォーターサーバーは赤ちゃんでも安心して飲むことのできる軟水を扱う会社です。
軟水はミネラル分が少ない分だけ口当たりが優しいため、カツオブシや昆布のダシを取るときなどお料理に使えば味がよく出ます。
また、コーヒーやお茶を入れるときにも軟水が向いています。
天然水は土壌により長い年月をかけてろ過され、有益な天然のミネラル分が溶け出した栄養豊富な水です。
不純物をほとんど含まず、一定の検査基準をクリアした水であるため塩素消毒など過度な処理は必要ありません。
最低限の処理としてろ過処理、沈殿、加熱処理のいずれかの処理が行われます。一般的に、加熱処理すると安全性は高くなりますが、水が劣化して味が落ちると言われています。

【CHECK!】現在イチオシのウォーターサーバー

ウォーターサーバー赤ちゃん


赤ちゃんウォーターサーバー

関連ページ

宅配水の比較のポイント
宅配水の比較のポイントを解説。宅配水のウォーターサーバー選びは水で比較、価格で比較、サーバーのデザイン、電気代で比較してじっくり選ぶ時代です。
電気代で比較
ウォーターサーバーの電気代を比較しました。サーバーにかかる毎月の電気代について解説します。省エネモードで電気代が従来の半分しか掛からないウォーターサーバーもあります。
価格で比較
ウォーターサーバーを価格で比較しました。初期費用、水の価格、サーバーのレンタル代などあらゆる費用を計算するとトータルの料金はいくらになるのか会社ごとでトータルに掛かる価格を比較してみました。