赤ちゃんのミルクに水道水を使うデメリット

赤ちゃん,ミルク,水道水

水道水が健康に影響を及ぼす心配はほぼないとされています。しかし放射能は国が定めた基準値を上まっていないものの検出されていますし、環境汚染の影響でどこまで水質が保てるか不安がないとは言い切れません。

小さい赤ちゃんに飲ませるとなると、そして子供のこれからの成長を考えてもやはりどこか不安を感じずにはいられません。
水を赤ちゃんのミルクに使うことはデメリットについて考えてみました。
水道水の中には、塩素やトリハロメタンと呼ばれる化学成分が含まれてるため、そのままで飲むと余分な化学成分を体に与え続けることになってしまいます。必ず煮沸をして除去する必要があります。
また、化学物質を煮沸により除去できたとしても、水道管を通って水道水として供給される中で水道管に生じたさびや細かな汚れも混じっている可能性がありそれらの不純物を一緒に体内に摂取することになってしいます。
不純物が入っている水を長期に渡り与えるでアレルギーになりやすくなったり、胃腸にも大きな負担を与え下痢なども生じやすくなってしまいます。赤ちゃんの繊細な体に様々な不純物を与えることにより、体調に影響を与えてしまう不安がある場合は水道水は煮沸や浄水を行って使用します。
しかし煮沸や浄水は手間です。それが水道水を使うデメリットです。
煮沸をした水は1日で使い切るのが理想であり、毎日この繰り返しとなるととても大変です。
ウォーターサーバーを利用することでこの手間を軽減でき、さらには心理的な不安も解消出来ます。
赤ちゃんの体に安全な水を与えられるという安心感は何者にも代え難いことです。
ウォーターサーバーに使用されている水については不純物が含まれていませんので体に安全です。
アレルギーや下痢なども生じにくく、身体への負担がありません。
水道水では不安を感じる場合や煮沸した水を冷ます手間が負担と感じる場合は安全性の高く手軽なウォーターサーバーを利用することをおすすめします。

 

【CHECK!】現在イチオシのウォーターサーバー